1. 実績一覧
  2. Project

Project

太田駅北口駅前文化交流施設
本とアートのクラウドデッキ
図書と美術を散策できる公園のようなリビングルーム
①すべての利用者が入りやすい施設
a:マルチアクセス/回遊性
建物まわり4周をすべて回遊できるようにセットバックし、建物の4辺に入り口をもうけることで、どこからでも入れます。
b:丘のような架構
丘のように中央が高く外周部の裾野が低く広がった架構で全体を形成します。こうする事で十分な面積を確保しつつ周辺のまちなみへの圧迫感を無くし、ストリートから直接ルーフテラスに立ち寄ることができるようになります。建物の屋根が公園のような居場所になります。
c:本/アート×待ち合い
この提案ではホールや玄関も「ブラウジングスペース」と呼ばれる図書やアートの閲覧スペースとして開放します。そうすることでバスや電車のちょっとした待ち時間に立ち寄っても十分楽しめるコンテンツに触れる事が可能になります。のみならずブラウジングスペースには交通機関の発着状況を掲示して、実質的な待合室として機能させます。
②すべての利用者が居心地良く過ごせる施設
d:明るい自然の光
コモンテラスのレベル差から差し込む自然の光はいくつかの吹き抜けを通して建物内のどこに居ても明るく広がりのある空間を感じられます。
e:リビングルームのようなブラウジングペース
アートの展示室間や他の緒室の間は単なる廊下ではなくブラウジングスペースと呼ばれる本やアートの情報に溢れた半屋外のリビングルームのようなスペースなので通り抜けるだけでなく立ち止まって滞在したくなる快適な空間になります。
f:外部とつながる
3階や4階からは直接ルーフテラスにでることができ、屋外と屋内が溶け合うようなスペースになっています。