1. 実績一覧
  2. 尾張旭の住宅

work

Y HOUSE
所在地
愛知県名古屋市
主要用途
専用住宅
設計監理
吉村昭範+吉村真基/D.I.G Architects
構造設計
リズムデザイン=モヴ/中田琢史+金山美登利
施  工
丸長ホーム
photo
谷川ヒロシ
居場所になる段差、緑に開く部屋の隙間

名古屋市東部の市街地に建つ家族3人のための住処である。敷地は全体で3mほどの高低差があり、周辺の環境に対して圧迫感が出ないように、擁壁などによる造成をしないで高低差をそのまま活かして計画することを考えた。そのため、1階から2階そしてロフト階にかけて緩やかにつながるよう細かく9つの床レベルを設定した。これらのステップをすこしずつ上がることで地面と途切れることなく2階へとつながるように計画した。その途中に、400mmの段差をベンチのような形で座れるようにした縁側や、中2階の窓際には作り付けの机を置いたスタディコーナーなど、いくつかの段差を利用しながら、それぞれのコーナーが緑あふれる外部環境と心地よくつながる居場所となることを狙った。
また、床の緩やかな段差に対応するように、屋根も周辺の北垂れの傾斜に沿うように片流れの勾配屋根とし、北の道路側に対しては絞り込み、南の山側に対しては開くような配置として、斜面方向に視線が抜けることを意識した。

一方で、敷地東南の斜め方向には名古屋市の生産緑地があり、安定的な緑を室内から望むことができる。その生産緑地へ室内からも斜めに視線が抜けるよう寝室や浴室などの比較的小さな部屋を対角状に配置した。部屋は外壁と同じ杉板で内外に渡って4周を囲われているので、内部にあっても屋外のような感覚を覚える。さらに、この対角形式を1階と2階でもズラして対角状に配置し、部屋の隙間が立体的に繋がることで周辺の緑を住居のさまざまなところから感じ取れるような空間となった。
また、これらの小さな部屋はそのまま構造的な役割を担い、水平力を負担する構面となっている。一見すると不連続な構面を鋼製窓枠や階段の踊り場などの小さな建築要素によって繋ぐことで一つの構造体が形成されている。
床/屋根/壁という建築の3つの構成要素がそれぞれ複合的な役割を持つことで、緩やかに周辺の環境に対して開いた住宅である。